お客様サポート

ホーム > お客さまサポート

室内ドア:片開きドア について

開き戸は定期的にメンテナンスは必要でしょうか。

安心してお使いいただくために、室内ドアの定期的なメンテナンスをお願いします。丁番、ラッチ、ハンドルなどの可動部分は消耗品です。動きが悪くなった場合は交換をお奨めします。

重要なお知らせ

定期的な点検項目

製品の長期間の使用に伴い、部品等が劣化(経年劣化)を生じ安全上支障がでる恐れがあります。
経年劣化による重大事故を防止し、製品を長く安全にご使用いただくために、お客様自身による点検を実施いただきますよう、お願いいたします。

【室内ドアの点検項目表】

開き戸


① 丁番

ガタツキはありませんか?

■ 丁番に隙間が生じてきたり、部品の脱落があれば、ただちに使用を控えて、丁番の交換を行ってください。

■ 丁番の固定ネジが緩んでいる場合は、しめ直してください。



扉が枠に当たっていませんか?

■ 丁番調整を行い、固定ネジをしめ直してください。(調整方法はこちら

扉が枠に当たったまま使用すると、丁番やハンドルやラッチの消耗を早めます。

丁番が破損している場合は交換が必要です。
弊社オフィシャルオンラインショップ「DAIKENパーツショップ」で直接購入いただけます。
購入の際は「ご利用方法」を必ず確認してください。
[動画]丁番らくらく交換方法


② ラッチ

ラッチは完全に引き込みますか?

■ ハンドルを回してもラッチが動かない場合や、ラッチが完全に引き込まない場合は、ラッチ取替えの目安です。
取替えをお勧めします。 [動画]ラッチらくらく取替え方法


警告:そのまま放置しておくと、ラッチが引っかかったままドアが開かなくなる可能性があります。

③ レバーハンドル、座

ハンドルや座のガタツキはありませんか?

■ 表裏のハンドルを握って、内側に押してください。ネジ式はしめ直してください。ガタツキが大きくなると、部品の消耗を早めます。(点検方法はこちら
警告:そのまま放置しておくと、ラッチが引っかかったままドアが開かなくなる可能性があります。

こんな危険が潜んでいます。

■ 扉が外れて倒れてくる

■ ラッチが動かなくなって扉を開けられない

■ レバーハンドルが抜けて扉を開けられない

■ 扉の開閉時に手や足の指を挟む

■ 扉の角にぶつかる

その他製品

ページのトップに戻る

キーワードでよくある質問と回答を検索する

複数語で検索を行う場合は、単語と単語の間をスペースで区切ってください。

ページのトップに戻る

DAIKENパーツショップ

DAIKENパーツショップでは、換気扇用フィルター等のメンテナンス用品のほか、ドア・クローク収納・玄関収納の丁番、レバー、把手などの交換用部品をインターネットで販売しております。

ユーザー登録サービス

製品を末永く安全にお使いいただくためにご登録をおすすめします。

ご登録いただいた方には製品の安全に関する大切なお知らせや暮らしに役立つ情報などをお送りいたします。

ご登録いただいた方には次の特典が受けられます。

特典:パーツショップ製品10%割引

すでに登録されている方

新規ユーザー登録(無料)

キーワードから回答を探してみる

知りたい内容が見当たらない場合はキーワードから回答を検索してみましょう。

  • DAIKEN WEB SHOPへ
  • DAIKENパーツショップへ
  • DAIKENショールーム
  • あなたにぴったりのリフォームを探せるサイト リモデル.jpへ
  • 建産協の建材と住宅設備のデジタルカタログ集「カタらボ」へ

ページのトップに戻る