ホーム > 一般のお客様トップ > 【つぎの地震にそなえる】 > 家を強くする(建物の構造を強くする)

【つぎの地震にそなえる】建物の構造を強くする 家を強くする-地震に負けない家へ。

「建物の構造」をチェック

地震が起こる前に建物の構造をチェックしましょう。

屋根や土台、柱や壁でできている建物の構造(外側)を、地震の揺れに耐えるために強くする必要があります。また、建物が建っている地面そのものも重要なポイントです。

 

建物の構造をチェック

屋根をチェック!

壁をチェック!

基礎をチェック!

屋根は軽い方がいい

屋根は軽い方がいい※01

 

建物は重心が下にある方が安定します。瓦屋根のように、屋根が重くなると倒壊の原因にもなります。できるだけ、軽い素材の屋根を選びましょう。

 
壁が強い建物ほど地震に堪えられる!

耐震改修パネル「かべ大将」

壁が強い建物ほど地震に耐えられる!※02

 

木の家は、柱だけでは地震の揺れに耐えられません。最近の木造住宅は、柱と柱の間に筋かいという斜めに取り付ける角材や、耐力面材という柱と柱の間に張るパネルで、建物の強度を確保します。

いま住んでいる住宅に、室内側から耐力面材を取り付けることで、耐震性を向上させることができます。興味のある方は、耐震診断士に相談してみましょう。

 
 
建物の強さは足下から!

建物の強さは足下から!※03

 

たとえ強い建物を建てたとしても、地盤(深さ100mまでの部分)が軟弱なら地震の揺れに耐えられません。建築する前には必ず地盤調査を行いましょう。軟弱な場合はくい打ちなど地盤改良が必要です。建物の基礎は、地面全体をコンクリートでおおう「ベタ基礎」がおすすめです。

 

“安心の街づくり”DAIKENの耐震お役立ち商品(構造)

内壁から補強する場合

かべ大将

耐震改修パネル 「かべ大将」工期は短く、住み替え不要。今からでも遅くない耐震性アップ!

今お住まいの家をリフォームで地震に強くする商品です。天井も床も壊さずに取り付けでき、工事日数も短く、コストも安心。

耐震改修パネル 「かべ大将」

耐力クロス下地材「ダイライトMU」

外壁から補強する場合

ダイライト

新築用耐震パネル 「ダイライト」

構造を外側から支える壁の下地材です。
強い壁で住まい全体を覆うことにより地震の揺れをしなやかに受け止め、分散させます。

新築用耐震パネル 「ダイライト」

次の地震にそなえる

かんたん!check住まいの防災度チェックへ

大切な家族と住まいを守るために知っておきたい「豆知識」

建物の構造を強くする

建物の内装を安全にする

 

資料請求はこちらからお問い合わせはこちら

ページのトップに戻る