ホーム > プロゲート > 地震に備えて 業者様向けコンテンツ

大切な家族と住まいのためにDAIKENができること つぎの地震にそなえる

地震災害への対策 プロフェッショナルとしての選択

「耐震」とわたしたちDAIKENの取り組み

わたしたちDAIKENは戦後まもなく、戦災で失われた230万棟におよぶ住宅の復興を社会的な使命として、会社を設立しました。住宅不足は経済成長とともに改善されましたが、たび重なる地震による災害が、新たな問題としてクローズアップされてきました。地震に強い家づくりを進める政府の方針にこたえて、わたしたちも地震の揺れに耐え、住まいや暮らしを悲惨な被害から守る製品をつぎつぎに開発し、お届けしてまいりました。もう二度と、倒れた家や家具などによって住む人が傷つかないように、みなさまのお役に立てればと願っています。

耐震への歩み

  • 1945年戦災の復興をめざして創立

  • 1959年木材を再生利用する壁材「ダイケンボード」発売

  • 1974年外壁の下地に使う木質壁材「シージングボード」発売

  • 1978年宮城県沖地震発生

  • 1981年耐震に関する法律が強化される(建築基準法)
    「シージングボード」の耐震性(壁倍率1.0)が認められる

  • 1995年阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)発生

  • 1996年地震に強く耐久性にすぐれた新築用耐震パネル「ダイライト」発売
    「 ダイライト」の耐震性(壁倍率3.0)が認められる

  • 2000年耐震に関する法律が強化される(建築基準法)

  • 2005年耐震改修パネル「かべ大将」発売

  • 2011年東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)発生
    避難所生活の寒さ対策とプライバシー保護に、「断熱ボード」5万枚寄贈

ページのトップに戻る