ホーム > 一般のお客様トップ > 【つぎの地震にそなえる】 > 耐震・防災コラム/住まいの耐震チェック(1)建築年を確認しよう

耐震・防災コラム-住まいの耐震チェック。

耐震・防災コラム 第1回 住まいの耐震チェック(1)建築年を確認しよう

あなたの住まいは、いま何歳?昭和56年生まれ以前なら、要チェック!

耐震・防災コラムイラスト

 住まいの強度を知るめやすの一つとなるのが、建築された年です。阪神淡路大震災では、1981年(昭和56年)以前に建てられた建物にとくに多くの被害が出ました。

 建築基準法・改正のあゆみ表この背景には、建築基準法の改正があります。建築基準法とは、安全で健康、快適に暮らせるように、敷地、構造、設備、用途に関する最低基準を定めた法律。1950年(昭和25年)に制定され、地震力に対する必要壁量などの耐震設計が初めて義務づけられました。以後、大地震の教訓とともに何度か改正され、1981年には「新耐震設計法」が盛り込まれました。この新耐震設計法では、建物にかかる地震力の算定法が変わり、壁量は当初の約2倍に増えました。結果として、1981年6月以降に建築確認を受けた建物は、阪神・淡路大震災にもかなり耐えられたというわけです

 その後、建築基準法はつど改正され、現在はさらに地震に強い家づくりが義務づけられています。建築基準法の改正と建築年を比べて見れば、住まいの耐震性のおおよそのめやすとなるでしょう。もし、現在住んでいる建物が1981年6月以前に確認申請を受けたものなら、耐震診断を受けることをおすすめします。また、それ以降に建てられた住まいについても、気になるようなら一度、耐震診断を受けておくといいでしょう。(耐震診断については、第4回のコラムでご紹介します)

←地震の恐ろしさトップページ 第2回を見る→

次の地震にそなえる

かんたん!check住まいの防災度チェックへ

大切な家族と住まいを守るために知っておきたい「豆知識」

資料請求はこちらからお問い合わせはこちら

ページのトップに戻る