ホーム > 会社案内 > ニュースリリース

2017-02-13 【『第45回 国際ホテル・レストランショー』に出展】

〜ホテル・旅館・店舗施設を魅力的に演出〜
『第45回 国際ホテル・レストランショー』に出展

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:億田正則)は、2月21日(火)から24日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催される、観光施設業界向け展示会「国際ホテル・レストランショー」に出展いたします。
当社ブースでは、ホテルや旅館、店舗施設を想定した空間展示を行い、機械すき和紙製の畳や、昨年10月に発売した不燃壁材、機能性・意匠性に優れた床材などをご紹介いたします。


【当社の主な出展製品】
■畳「ダイケン畳 健やかくん」
防カビ、防ダニ性能を持った、機械すき和紙おもての畳です。耐久性、メンテナンス性に優れ、ホテル・旅館・料亭など多くの方が利用される場所におすすめです。和紙ならではの豊富な織り目とカラーバリエーションで、お部屋の和洋を問わずご採用いただけます。
■不燃壁材「GRAVIO UB木目柄」
昨年10月に発売した、軽量で加工性に優れた当社独自のエコ素材「ダイライト」を基材に用いた不燃壁材です。どんな木質空間にもマッチする全29種の豊富な木目調の色柄と、省施工なあいじゃくり目地を含む3種類から選べる目地形状が特長です。
■床材「コミュニケーションタフ 防音」
階下への音漏れを軽減する防音性と、水かかりに強く、車椅子やキャスターの使用はもちろん、土足歩行にも耐えられる耐久性・耐傷性と優れた意匠性を兼ね備えたホテル向け床材です。
総厚15.5oで、カーペットとの貼り分けも容易。また、下地の防音対策が不要のため、天井高が確保できます。
■床材「デザインタフ エンブ」
厚さを4.7oと薄く、タイルやカーペットと併用しても段差を抑えられる、美観と安全性に配慮した土足対応の木質床材です。深みのある木目と広幅デザインが高級感を演出します。



【展示監修】
今回の展示は、商業施設デザイン、イベントプロモーションなどにおいて多数の実績がある池澤 和重氏の監修を受けております。
■ 池澤 和重 <エイブルビーン有限会社 代表>
西武渋谷開発、横浜動物園ズーラシアの商業施設開発コンサル業務、JR 三鷹駅・茅ヶ崎駅のコンコース、docomoショールームなど、数々の施設設計プロジェクトに参加。


【当社ブース イメージ図】


『第45回 国際ホテル・レストランショー』について
一般社団法人日本能率協会をはじめ合計5つの協会団体が主催し、今回で45回目を迎える観光施設業界に特化した展示会です。『ホスピタリティ産業の新たな市場開拓に挑戦する』をテーマに、外食・宿泊・レジャー施設向け製品やサービスなどをご紹介します。
同会場にて「フードケータリングショー」と「厨房設備機器展」を同時開催しており、合わせて850社/2000ブースの出展、来場予定者数57000人を見込んでいます。
<主催>:一般社団法人日本能率協会
<会場>:東京ビッグサイト 東1〜6ホール
<期間>:2017年2月21日(火)〜24日(金) 10:00〜17:00(最終日のみ16:30)
<URL>http://www.jma.or.jp/hcj/jp/
<入場料>:3,000円(招待券 または WEB事前登録で無料)
WEB事前登録はこちら⇒https://www3.jma.or.jp/hcj/2017/jizen/pre_hcj17_jp.php?exno=6028700072fdf7c3ad


※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。


ページのトップに戻る