CSR

ホーム > 会社情報 > CSR > DAIKENグループの価値創造プロセス

印刷する

DAIKENグループの価値創造プロセス

"エコ"と"空間の質的向上"にこだわり、追求し、新たな価値を社会に提供することが、DAIKENグループのビジネスの原点であり、存在意義だと考えます。

これまで培ってきた技術、豊富な人財、そして限りある資源を最大限に活用し、社会的課題を事業活動を通じて解決することで、持続的な企業価値向上を実現していきます。

素材、建材、工事まで、空間づくりに幅広くアプローチそんなDAIKENだからこそ提供できる価値がある。大建工業のビジネスモデル

クリックで拡大

INPUT価値創造の源泉

技術力 70年以上にわたって多様化するニーズをいち早くとらえ、業界に先駆けた素材・製品を開発した技術を磨き続けます。
人財 DAIKENを形づくるのは一人ひとりの従業員。多様な個性や発想で新たな価値を生み出す人財を育てます。
自然資源 再生可能な木質資源をいかに有効に活用するかによって他社との差異化を図り、持続可能な利用を進めます。

BUSINESS ACTIVITY DAIKENの強みを活かした事業活動

建材事業 素材事業 エンジニアリング事業
くらし支えるDAIKENの建材事業
住宅向けから公共・商業施設向けまで、床材、壁材、天井材、ドア、収納、音響製品などの空間を形づくる幅広い建材を製造・販売
未来をつくるDAIKENの素材事業
サステイナブルな視点で木質資源や未利用資源を有効活用しながら、不燃、耐震、断熱、防音、調湿などさまざまな機能を付加した素材を製造・販売
快適空間を提供するDAIKENのエンジニアリング事業
公共・商業建築分野、マンション市場を中心に、専門的なノウハウと技術で素材、建材の機能を最大限に引き出す空間をつくる工事の請け負い
最新の素材・
テクノロジー
意欲的な研究開発により、常に最新の素材・テクノロジーを開発します。
資源を無駄なく有効に
活用したモノづくり
木質資源や未利用資源なども有効に活用した無駄のないモノづくりを行います。
ハード・ソフト
一体となった提案
素材・建材から空間に至るまで、ハード・ソフトが一体となった専門技術でお客様に提案します。

OUTPUT取り組み実績

国産材活用等による
地域社会や地方自治体
との「協創」
地域材を有効に活用するために地元の方との協働のもと、新しい価値を創出しています。
新市場、成長分野への
重点的な取り組み
公共・商業建築分野と海外市場を重点市場に位置付け、積極的に経営資源を投入しています。
木材活用による
炭素の固定化
木材の循環利用により炭素を空気中に戻さず固定化し、地球温暖化防止にも貢献しています。

OUTCOME社会と共有する価値の創造

DAIKENグループは、事業活動において社会が抱える課題を解決し、社会と共有できる価値を生み出すことが、企業の持続的成長において最も重要だと考えています。

サステイナブル社会の
実現
"木質資源""未利用資源"を有効活用したエコ素材の開発・製造・販売を通じて、サステイナブル社会の実現に貢献します。
安心・安全・快適な
空間の提供
安心・安全・快適な空間を実現する製品の開発、施工技術の開発、施工体制の整備を通じて、高齢者配慮、耐震化促進、省エネ貢献、省施工対応といった空間の質的向上に貢献します。
木材の総合活用と
カスケード利用の促進
これまで培ってきた技術力・開発力をもとに、木材が持つ可能性を様々な観点から追求し、木材の総合活用とカスケード利用を推進することで、国産材の利用拡大、森林資源の循環利用に貢献します。