CSR

ホーム > 会社情報 > CSR > 社会「地域社会のために:災害復興支援」

印刷する

社会:地域社会のために「災害復興支援」地域の皆様とのふれあいを大切に、地域社会との共生を目指したさまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。

東日本大震災への支援

「会津ブランドものづくりフェア2015」に、『畳おもて』『ZIPANGここち和座』を出展

2015年10月、『畳おもて』の幅広い認知を目的に、「会津ブランドものづくりフェア2015」に出展し、製造子会社である会津大建加工(株)にて製造している機械抄き和紙製の『畳おもて』をPRしました。

同フェアは、地域の伝統工芸の継承と、最新工業技術を含めた幅広いものづくりを"メイド・イン・会津"として地域内外に発信するために開催されており、11回目の開催となる今回は、2日間で約2万1200名が来場されました。今回、会津ブランド「史・季・彩・再」の認定を受けた『畳おもて』などを展示し、来場者に"見て・触って・感じて"もらい、機械抄き和紙の『畳おもて』の良さをPRしました。

オープニングセレモニーの様子オープニングセレモニーの様子

展示ブースの様子展示ブースの様子

「第10回ふれあいエコウォーク」参加239名の善意を南砺市長に寄付

左:田中南砺市長、右:飯沼井波工場長左:田中南砺市長、右:飯沼井波工場長

2015年10月、井波工場工場長、総務経理課長が南砺市の田中市長と面談し、同月に開催した「第10回ふれあいエコウォーク」で集まった東日本大震災募金 総額47,885円を寄付しました。田中市長からは「環境美化活動としてご参加いただいた上に、さらにご寄付までいただき、本当にありがとうございます。交流の深い南相馬市にしっかりと届けます」と感謝のお言葉を頂きました。

平成28年熊本地震に対する支援について

平成28年熊本地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。

DAIKENグループでは、熊本地震の被災地の支援を目的に、グループ社員を対象とした募金活動を実施し、2016年6月、グループ社員から集まった募金に会社からのマッチングギフトを加えた総額316万2,000円を日本赤十字社へ義援金として寄贈いたしました。

大建工業グループ社員の募金および会社からのマッチングギフトによる義援金

  金額
グループ社員からの募金 1,581,000円
会社からのマッチングギフト 1,581,000円
合計 3,162,000円

また、当社では、今回の義援金の寄贈のほかに被災地でお役立ていただくための支援物資として、自社製品である『置き敷き畳』2,000枚を寄贈しております。今後も各自治体、地域のお取引先等と連携しながら、支援活動を行ってまいります。

※『置き敷き畳』とは、ヘリなし半畳タイプの畳(本来は住宅用の製品)です。軽量で持ち運びがしやすく避難所などの床に置くだけで簡単にご使用いただけます。畳表には樹脂コーティングした機械すき和紙を使用しているため撥水性に優れ、飲み物などをこぼした場合でも簡単に拭き取ることが可能です。また、畳の芯材には、木質繊維を活用した『インシュレーションボード』を使用しており、クッション性や保温性に優れるため、避難所での身体の負担を軽減いただけると考えられます。