CSR

ホーム > 会社情報 > CSR > 長期ビジョン『GP25』 / 中期経営計画

印刷する

長期ビジョン『GP25』 / 中期経営計画

2015年、DAIKENグループは創立70周年を迎えるにあたり、10年後の2025年を目指した長期ビジョン『GP25(GROW/GLOW PLAN 25)』を策定しました。

『GP25』では、既存事業の深耕と拡大、新たな市場拡大を通じて、これまでの「住宅用建材のメーカー」から「建築資材の総合企業」へと成長することを、ありたい姿(企業像)として掲げております。

そして、このありたい姿を実現するための第1ステップとして、2016年4月に新たな中期経営計画『GP25 1st Stage』をスタート。

最終年度を3年後の2018年度とし、売上高1,800億円、経常利益70億円を経営目標に掲げ、事業活動を行っていきます。

長期ビジョン『GP25』 / 中期経営計画の位置付け

長期ビジョン『GP25』 / 中期経営計画の位置付け

長期ビジョン『GP25』実現に向けたプロセス

長期ビジョン『GP25』は、単に収益だけを追求するのではなく、より社会に貢献できる企業へとDAIKENを成長させたいという想い、そして社員が活き活きと活躍し、社会からも評価される魅力的な企業へとDAIKENを輝かせたいという想いを、GROW「成長」とGLOW「輝く」の2つの言葉に込めました。

『GP25』は、ステークホルダーの皆様へのお約束でもあります。事業環境がめまぐるしく変化する現在を、"ビジネスの転換期"として前向きにとらえ、環境変化を先取りし新たな価値提供に挑戦し続けることで、このあるべき姿の実現に取り組んでいきます。

成長「GROW」消費者や市場の期待に応え、より社会に貢献できる会社へ成長したい。輝く「GLOW」社員が活き活きと活躍し、社会からも評価される魅力的な会社にしたい

中期経営計画『GP25 1st Stage』〈2016‐2018年度〉

今回、新たに策定した中期経営計画『GP25 1st Stage』は、長期ビジョンの実現に向けた第一ステップであり、「住宅用建材のメーカー」から「建築資材の総合企業」へと飛躍するための基盤構築が最大のミッションとなります。

『GP25 1st Stage』では、このミッションを遂行するため、従来の考え方、行動を一から見直し、市場軸と事業軸の2つの観点から戦略を組み立て、重点課題とそれらに対する施策を策定しました。

「建築資材の総合企業」への第一歩を踏み出す

市場別戦略×事業別戦略