木に硬さという性能を

ホーム > 公共・商業施設 > DAIKENの技術 > 健やかおもて

畳 健やかおもて

和のくつろぎで、もてなす。

DAIKEN 健やかおもては、ダニ・カビが発生しにくいうえ、
撥水性に優れているためお手入れも簡単。
また、ひっかき傷にも強いという機能的な畳おもてです。
機械すき和紙を原料とすることでかもし出す、
イ草にはない豊富な色揃え。
例えば旅館など、海外からの来客をもてなすのに
相応しい和のくつろぎ空間をつくります。

機械すき和紙を原料にした
独自の素材です。
※機械すき和紙:コウゾ、ミツマタを使用した手すき和紙ではございません。

1和紙をこよりに加工し、樹脂でコーティング。 2パイプ状になった和紙を交互に編み込み、畳おもてに。 3和紙の色や織り方により、バリエーション豊かに。 4畳おもてに芯材を縫着し、「ダイケン畳」が完成。

旅館・ホテルに求められる、
畳の美しさを保つ優れた耐久性。

料理やお酒をこぼしても大丈夫。

【汚れや水への強さの違い】

「イ草」おもて

汚れ(ワインなど)がすぐに染み込み、拭いても跡が残ります。

イ草おもて 汚れ(ワインなど)がすぐに染み込み、拭いても跡が残ります。

健やかおもて

汚れが染み込みにくく、跡が残りにくい。

健やかおもて 汚れが染み込みにくく、跡が残りにくい。
動画を見る
動画を見る

日焼けに強く、
部屋の品格を保ちます。

【耐光性の違い】

退変色比較試験:約2年間に相当する紫外線を照射し、色の変化を比較。

い草おもて:天然素材なので、茶色く変色します。

「イ草」おもて

天然素材なので、茶色く変色します。

健やかおもて:ほとんど変わらない美しさです。

健やかおもて

ほとんど変わらない美しさです。

スリッパで歩く場合も大丈夫。

【傷への強さの違い】

耐摩耗試験:#180研磨紙、250g×2荷重で100回転後。

い草おもて:表面が削れて、ささくれやすい。

「イ草」おもて

表面が削れて、ささくれやすい。

健やかおもて:ほとんど傷つかず、美しさを保ちます。

健やかおもて

ほとんど傷つかず、美しさを保ちます。

お客様の健康も考えた安心素材。

【カビ発生量の違い】

カビ抵抗性試験:気温28℃、湿度97%の条件で28日間カビを培養(写真は14日経過時点)。

イ草おもて:カビが生え、ダニも発生しやすくなります。

「イ草」おもて

カビが生え、ダニも発生しやすくなります。

健やかおもて:カビやダニの発生はごくわずかです。

健やかおもて

カビやダニの発生はごくわずかです。

健やかおもての品番や価格など、
より詳しい情報をお求めの方は
WEBカタログへ

PAGE TOP