ホーム > 公共・商業施設 > 新製品一覧 > コミュニケーションタフ 防音

あらゆる樹種で、公共・商業空間をデザインする
土足用WPCフロア コミュニケーションタフシリーズに
「ハードメープル」「檜(ひのき)」が登場

現在、公共建築物で国産木材の積極的な利用がすすめられています。構造材だけでなく、
内装材でも日本の木を活用してもらうため、「檜(ひのき)」を追加。
あわせて「ハードメープル」を新樹種として品揃えしました。


あらゆる施設空間に合う樹種をラインアップ

  • Oak(clear)
  • Oak(umber)
  • Beech
  • Ash
  • NEW!Hard Maple
  • Cherry
  • Walnut
  • 杉
  • 栗
  • NEW!檜

ハードメープル -hard maple-

淡い色の木目が、空間に広がりを与え
公共・商業空間を美しく演出

ハードメープル
サトウカエデ

住宅用床材でも人気の高い「ハードメープル」別名:サトウカエデと呼ばれるこの樹種は、重厚な材質。衝撃に対する耐久力が高く、床はもちろん家具・建具などに使われています。
淡い色の木目が特徴的なハードメープルは、シンプルなデザインによく合い、どんな空間も美しく演出してくれます。

対応製品


檜(ひのき)

外国人観光客に"和"の演出を。
旅館やホテルのエントランスに最適。

ハードメープル
檜(ひのき)

「檜(ひのき)」は、日本に馴染みの深い針葉樹。建材の中では高級品として扱われています。古くから、神社や仏閣を建てるために用いられてきました。光沢のある木肌が魅力的で、室内の雰囲気をワンランク格上げしてくれます。材質がやわらかいため、土足床材に向いているとはいえない樹種ですが、当社独自の“WPCテクノロジー”により、木の風合いはそのままに耐久性を高めています。

対応製品


耐久性に優れたコミュニケーションタフシリーズの特長

店舗、オフィス、公共施設などにも使える
天然木の土足対応フローリング

国産のヒノキや杉は、材質がやわらかいため、床に使うには耐久性が低いのが問題でした

それをDAIKEN独自の「WPC技術」で解決し、耐摩耗性・耐傷性・耐汚染性を高めた床材が、
『コミュニケーションタフシリーズ』です。

店舗や施設、ホテルなど木の温もりで空間演出をしたい場所にも、キズや汚れを気にせずお使い頂けます。

WPCの仕組みと特長

木材組織にプラスチックを染み込ませて硬化させることで、凹みやキズに強い木材を作ります。汚れもシミになりにくいので、お手入れもカンタン。 メンテナンスの手間がかからないフローリングを実現するDAIKENのテクノロジーです。

  • 一般床材
  • WPC床材

傷に強いヒール跡や擦り傷など、
様々な傷に強さを発揮します。

〈机等を引きずってキズのつき具合を確認〉

  • 一般土足用フロアー
  • WPC加工+Wハードベース

ひっかき傷への強さを確かめました


凹みに強いキャスターや車椅子による
凹み傷にも強さを発揮。

〈35,000回往復し、凹み、剥離、摩耗を観察〉

  • 一般土足用フロアー
  • WPC加工+Wハードベース

凹み傷への強さを確かめました


汚れに強いお手入れのしやすさ、
耐汚染性の強さも自慢です。

〈カレーを20分間放置しました〉

  • 一般土足用フロアー
  • WPC加工+Wハードベース

汚れへの強さを確かめました

PAGE TOP