ダイケンハイブリッド天井 耐震天井下地材特許出願中

ホーム > ダイケンハイブリッド天井

  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

ダイケンハイブリッド天井とは

省施工・短工期で天井の耐震化が可能な
独自の新耐震天井工法を採用した「ダイケンハイブリッド天井」は
在来天井の良さとグリッドシステム天井の良さを融合させた天井下地材です。

ダイケンハイブリッド天井の特徴
ポイント@
高い耐震性能
国土交通省の定める試験方法「ユニット試験」(静的加力実験)で、天井許容耐力4,000Nの高い耐震性を確認しました。(※社内試験にて)
国土交通省基準試験方法ユニット試験
(静的加力実験)

試験体が破損するまで一方向および繰り返し試験を行い、天井全体の耐力を確認する試験です。

ポイントA
短工期を実現する施工性
天井下地材の接合はワンタッチ
専門Tバー材は特殊ホゾ加工によりワンタッチで接合でき、ビス留めが不要です。
短期間で簡単に施工できます。
耐震ブレース設置数が減少
高い耐震性能により、耐震ブレースの設置数を減少できます。
そのため施工の手間も減り、設備配置の自由度が高くなります。
ポイントB
軽量化で安全性アップ
軽量なダイロートンによる万一への備え
万一、天井材が落下しても人命への危険性を低減できることを実験で証明しています。
ダミーヘッド試験

所定の高さから材料を落下させ、これによる衝撃力を確認する試験です。
従来の衝撃荷重実験により、衝撃力が2,000Nを超えない場合には、人命に危害を加える可能性は少ないとされています。

ダイロートンの直張りが可能
天井仕上材ダイロートンの直張り施工が可能なため、捨張りの手間が省けます。従来の二重張り工法にも対応しています。
  • 資料ダウンロード
  • 公共商業施設ページヘ戻る

PAGE TOP